遊女の化身 結麗桜(ゆうれいざくら)

「昔々、宿場として栄えた田主丸に「紫楼」という遊郭がありました。そこで人気を集めたのが結と麗という美人姉妹。姉妹の唯一の楽しみが石垣の古墳の上に生える桜の大木の下でお花見をすることでした。月夜の下で花を愛でる二人の上に大ぶりの花びらが舞い散り、一年間の姉妹の疲れを吸い取ってはまた枝に戻って咲いたといいます。そんな哀切を秘めたこの桜の木を、いつか地元では「結麗桜」と呼ぶようになりました。」とさ。。。日本でもめずらしい品種の一重桜

カテゴリー: m2ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)